【21話感想】いい夫婦漫画『生まれ変わってもまた、私と結婚してくれますか』

漫画・小説

 

昭和のいい恋愛漫画『生まれ変わってもまた、私と結婚してくれますか』21話感想。

 

スポンサーリンク

 

 

第21話「彼が確かに生きた、21年と1カ月」の感想

 

 

泣いた。

 

寅之助の兄・龍之介の最期が……。

 

 

悲しいはずなのに描写が綺麗で何とも言えませんでした。

思わず涙と鼻水が出た。

 

 

 

ラストの寅之助お爺さんが目を覚ますシーンも感無量というか

その言葉に収めちゃいけないほどの感動が襲ってきたというかあーダメだ言い表せない。

語彙力が来い。

 

 

目が覚めた寅之助は薫とどんな会話を交わすのかそしてどんな笑顔を見せてくれるのか?

次号の最終回も号泣覚悟で挑み読みたいと思います。

龍之介と寅之助が約束したように 薫は寅之助と『漫画のタイトル』を約束するのか 気になります。

 

 

森永ミクさんの『生まれ変わってもまた、私と結婚してくれますか』

生まれ変わってもまた、私と結婚してくれますか - pixivコミック
寅之介は、奉公人の薫に恋をする。 22年の間二人は少しずつ愛をはぐくみ、昭和の不器用夫と、おっとりだけど脳筋な妻の夫婦が生まれた。 夫婦は長い時間を共に過ごし、寅之介の病室で薫は懐かしそうに語り始める――。 これは、深い愛を紡いだ夫婦の優しい記憶。

 

 

漫画・アニメ一覧に戻る

コメント