【とうらぶプレイ記】千子村正が極修行から帰還したら万屋ボイスで吹いた件

刀剣乱舞

 

亀甲の時とは違い真面目に見えた手紙を受け取り96時間後にお出迎え。

帰ってきた村正極は装備スロットが3つに変化。ヾ(*´∀`*)ノ ワーイ!

けど統率が低かったので笑ってしまいました。

すぐ脱ぐせいですね分かります。

さらに極前に思っていただけの万屋の出来事(2:11)を

極めたら実行(5:26)したので蜻蛉切の胃が痛そうだなぁと思ったり。

亀甲 極といい村正といい変態進化の方向性が凄まじいわぁ…。

 

極前63番と極後64番の真剣必殺を比較したら

エロさに色気(妖しさ)が増えていたので

重傷になる審神者が続出しそうだなぁと思いました。(小並感)

※イラスト画像はゲーム内の刀帳から。内番着は変わらないためありません。

 

スポンサーリンク

 

 

極前まとめボイス ※乱舞ボイスあり

ログイン→結成(入替、近侍)→装備(刀装)→本丸(通常3種、つつきすぎ、放置)→鍛刀→刀装作成(成功)→連結→任務達成→戦績→万屋→遠征→演練→出陣(開戦、負傷、真剣必殺、MVP、資源発見、ボスマス到達)→負傷(通常、つつきすぎ)→手入れ→刀帳

 

極修行+極ボイス集 ※乱舞ボイスあり

修行開始→手紙→帰還→鍛刀→結成(入替、近侍)→装備(刀装)→本丸(通常3種、つつきすぎ、放置)→刀装作成(成功)→連結→任務達成→戦績→万屋→遠征→演練→出陣(攻撃、負傷、MVP、真剣必殺、資源発見、ボスマス到達)→負傷(通常、つつきすぎ)→手入れ→刀帳

 

通常画像の比較


出典:刀剣乱舞 刀帳

特「どうかしましたか?…脱ぎまショウか?」
極「言わずとも分かりマス。脱げと、言いたいのデスね?」

 

戦闘画像の比較


出典:刀剣乱舞 刀帳

特「出陣デスね、伝説を増やしに行きまショウ」 開戦「さて、妖刀伝説を見極めなさい」
極「出陣デスね?アナタの期待に応えまショウ」 開戦「さて、新たな伝説を作りまショウか」

 

負傷画像の比較


出典:刀剣乱舞 刀帳

特「huhuhu…ワタシを…脱がしましたね!」
極「huhuhu…ここからが、本番デス」

 

真剣必殺画像の比較


出典:刀剣乱舞 刀帳

特「ワタシを脱がせた以上、アナタはここで終わりデス」 会心の一撃「サッダルマ・プンダリーカ・スートラ!」
極「huhuhuhu!アナタはワタシを鞘から解き放ってしまったのデス!」 会心の一撃「オン・バサラ・タラマ・キリク・ソワカ」

 

ゲーム回想 蜻蛉切と。

 

ゲーム設定

声優:諏訪部順一
イラストレーター:なまにくATK(ニトロプラス)

身長182cm

初代村正(千子村正)の作で恐ろしいほどの切れ味を持つ実戦向きの打刀。
ミステリアスな立ち居振る舞いは、
長く妖刀として眼差しを向けられてきた彼の物語から来るものか。
同じ村正の一派である蜻蛉切の心配の種でもある。
引用:刀剣乱舞絢爛図録二 53ページ

 

 

刀剣男士 極前後 比較に戻る

とうらぶ記事一覧に戻る

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ゲームブログ 刀剣乱舞へ
にほんブログ村

最古更新日2018/3/8

コメント