【刀剣乱舞】堀川国広の極前後 比較まとめ

刀剣乱舞


堀川派、脇差・堀川国広

極前99番と極後100番の本丸立ち絵、

戦闘、負傷、真剣必殺イラストと極前と後のボイス動画。

※画像はゲームの刀帳から。内番服は変更がないのでありません。

 

スポンサーリンク

 

 

通常

特「すみません、兼さんはこっち来てないですか?」
極「兼さんは、前の主に似て短気だから、僕がいないと心配だよ」

 

戦闘

特「行こう、銃や砲がいない僕らの戦場へ」 開戦「さーて、僕も頑張らないとね」
極「行こう。まだ刀が主役のままの、僕らの戦場へ」 開戦「さーて、僕も頑張らないとね!」

 

負傷

特「ああ…よくもやってくれたな」
極「僕だって…我慢の、限界があるんだけどな…!」

 

真剣必殺

特「兼さんがああだから、僕は怒らないようにしたいんだけど…!」 会心の一撃「闇討ち、暗殺、お手のもの!」
極「困ったな…怒らないようにしたかったのに!」 会心の一撃「隙だらけだよ。…死んじゃえ!」

 

ボイス集

出典:https://www.youtube.com/watch?v=OpM5VTsG1V0

 

極ボイス集

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Cac5qUntO_U

 

ゲームの設定

身長160cm

安土桃山時代に活躍した刀工、

堀川国広作(という説がある)の脇差。

新撰組副長 土方歳三が愛用していたと言われる。

和泉守兼定の相棒であり助手でもある。

礼儀正しく面倒見も良いが、胸には熱い闘志を秘めている。
引用:刀剣乱舞絢爛図録 61ページ

 

 

男士の極前後比較に戻る

とうらぶ記事一覧に戻る

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ゲームブログ 刀剣乱舞へ
にほんブログ村

コメント