【刀剣乱舞】平野藤四郎の前極後 比較まとめ

刀剣乱舞

粟田口派短刀・平野藤四郎

極前31番と極後32番の本丸絵、

戦闘開始時、中傷、真剣必殺画像比べとボイス聞き比べまとめ。

※画像はゲーム内の刀帳から。内番衣装は変更がないのでありません。

 

スポンサーリンク

 

 

通常

特「どこまでもお供しますからね」
極「警備に抜かりはありません。ご安心を」

 

戦闘

特「準備は整っています。行きましょう」 開戦「戦いは好みではないけれど、それがお役目ならば…!」
極「いざ出陣ですね。準備は万全です」 開戦「期待された役割は果たします。それが僕の在り方だから…!」

 

負傷

特「やっぱり、警護と実戦では勝手が違うのか…!」
極「主の期待を裏切るわけには…!」

 

真剣必殺

特「僕を見くびってもらっては、困るんですよ!」 会心の一撃「潜り込んでしまえば、僕の間合いです!」

極「主の期待を、裏切るわけには行かないんですよ!」 会心の一撃「捉えた!そこは僕の間合いです!」

 

比較ボイス集

出典:https://www.youtube.com/watch?v=KYY78XAbTTQ

 

ゲームでの設定

身長132cm

粟田口吉光派の短刀。藤四郎兄弟のひとり。

非常に均整の取れた短刀で刀派と個人の特徴をよく映している。

育ちの良さゆえに実戦に出るより

警護やお付きとして使われることが多く

主人を守ろうという気質も強い。
引用:刀剣乱舞絢爛図録 13ページ

 

 

極前後比較に戻る

とうらぶ記事一覧に戻る

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ゲームブログ 刀剣乱舞へ
にほんブログ村

コメント