【小説家になろう】召喚された初日に『魔王撲殺』の感想

スポンサーリンク

概要

――その女は、金属バットを手に降臨した――
最初の犠牲者は、魔王だった。凶器はタカシ君の金属バット。
異世界へと召喚されてしまった絵麻さんは、思う……
「やっべ、どうしよ!?」。
――これは、うっかり事故で魔王を撲殺してしまった絵麻さんと、
そんな絵麻さんに背後霊よろしくサポートキャラ状態で同行する
魔王の瀧本さんが、瀧本さんの復活をかけて世界樹(の、樹液)を
手に入れるべく駆け抜けた冒険???のお話。
一週間という限られた時間内に、二人は無事に世界樹(の、樹液)を手に入れる
ことが出来るのか!?
そしてタカシ君の金属バットはナニをどれだけ撲殺してしまうのか!
魔王を撲殺したことを皮切りに、絵麻さんの武勇伝(事故)が始まった……。
引用:http://ncode.syosetu.com/n9917dz/

感想

”ついうっかり”でほぼ毎日何かを撲殺している物語でドキドキ・ワクワク★

事故とはいえ金属バットで魔王を撲殺してしまいバットが「魔王殺し」とレベルアップ、

禍々しいオーラを発して見た目も進化していくバットは逞しすぎて笑えない。

×「殺っちゃった(*ノω・*)テヘ」 ○「…え、今ので死んだ?マジ?」

こんな感じで話は進み、最終的には「うわバットつょい」としか言えなくなった。

なんで主人公じゃなくてバットがLvアップしまくってんだ…。

背後霊となった魔王(笑)を、見えるのに見えないふりをしながら町を歩く主人公と

見えている周りの人とのコント、いや、やり取りは無様にも笑いを堪えるしか術はなかった。

怨霊扱いwwwwwマジ受けるwwwwwww

目的地に到着し美少女な女神に出会い呪いの藁人形のくだりの部分では (;゚Д゚)!? となり

続きを読んだら「やることが女神じゃねぇ!邪神か堕神だ!!」と全力でツッコんだ。

さらに夜中に繰り広げられる死神vs魔王(魂)のドタバタ劇ではバットと藁人形が大活躍。

▽ バット と わら人形 は 進化 した。

物理攻撃一択で問題を乗り越える主人公と(スタンド)魔王の騒がしくもめっちゃ濃い7日間。

「シリアス?何それ美味しいの?」と言わんばかりのコメディ小説。 笑えてオススメ。

リンク

『魔王撲殺』作者:小林晴幸 http://ncode.syosetu.com/n9917dz/

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする