腹筋崩壊漫画『千年狐 ~干宝「捜神記」より~』1,2話感想

ツッコミ不在!爆笑必須の笑撃漫画『千年狐』の連載版の感想。

概要

千年を生きた狐が、人間たちと化かしあい!?

人ならざるもとの人間たちとの奇妙でユーモア溢れる歴史ファンタジー。

引用:https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF01200324010000_68/

スポンサーリンク

第一話【琅琊王、狐と会う事】

ツッコミが来い。

千年狐(廣天)が人(大王)で遊んでいて愉快面白かったです。

つぶらな瞳のガチョウとそれに怯える大王の温度差が可笑しく笑えました。

たまご(呪詛)で吹いたwww

木がくしゃみするのかとか雄がたまご産むのかとか

人(木)の話聞けよとかツッコミが欲しいとにかく笑うしかない1話でした。

第二話【周式、冥府の使者に会う事】

顔がお尻。

見た瞬間噴出するし誰もツッコまないのでこれが正常なのかと混乱(笑)

可愛くて真面目なツッコミキャラ来た――!!と喜んだのに、喜んだのにぃ!

冥府の死者の顔がお尻…?え…?尻顔?

顔で裏切られるとは思いませんでした。

漁師のボケと使者のツッコミがコントすぎて大変面白いです。

見るなと言ったり見ろと言ったり忙しいwww

約束を破る漁師、真面目な尻使者、意識高い系冥府大帝、スポーンスポーン抜ける魂。

キャラが濃すぎてお腹いっぱいになる2話。

『千年狐 ~干宝「捜神記」より~』張六郎(著者)

ComicWalker(無料):https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF01200324010000_68/

腹筋崩壊☆記事特集

漫画・アニメ記事一覧に戻る

ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする