手荒れにはシルク(絹)の手袋

リゾートバイトで皿洗いをした時、バイト先が山の中で店なんて周辺に無いんだけど行くときの必要な持ち物に手袋って書いてなかったので薬用クリームしか持っていかなかったら見事に荒れた。

指がぱっくり切れてちょっと痛いし洗剤が多いお湯の中に腕を突っ込むから、

皮膚が蛇の脱皮みたいにボロボロ剥げて、逆に感心するほどだった。

持ってきたクリームが効いたのか慣れてきたのか皮膚が荒れるのは少なくなったけどあれは二度とやりたくない(真顔)皿洗いには腕まで長い手袋を持っていくほうがいいと学んだ。

スポンサーリンク

毎年毎年手の荒れとしもやけが腫れるぐらい酷く薬用クリームと綿の手袋を毎日使ってたけど、ベタベタするし嵌めた直後は冷えて冷たいしで効果がいまいち。

水仕事の後とか何度も塗らなきゃいけないことも嫌で諦めてたけどさすがに嫌になったのでシルクの手袋を買い一日中着けてみた。

買ったのは冷えとり靴下の841(ヤヨイ)の上質シルクハンドウォーマーMAX2(指長)
保温効果で冷えないし保湿効果でツルツルになったし手荒れが減ったしクリームを使うというイラつきがなくスッキリ(*´ω`*)手袋の効果

そうしたら冷えが楽になってきた。

買った直後はサイズがデカイと思ったけど手に馴染んできて使いやすくなった。

買って2日目の手袋。糸が出てるw

指先が出るタイプを買ったけれどやっぱり寒いんで普通のタイプも買えばよかったと思ったので追加で外出用に普通のタイプも買った。

指まで温かいので外出する際はこっちのほうがいい。

値段がチョット高めで洗濯が手洗いでだるいけれどシルクの手袋(厚手)は肌に優しく買って後悔はない一品だと思ったので手荒れがひどい人はシルクの手袋をオススメ。

冷えとり靴下の841(ヤヨイ)

PS、手袋をつけて過ごしたら今年のしもやけはほぼ悪化せず済んだので個人的に良かった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする