【刀剣乱夢】10000users入り小説『誰にも見えない鶴丸国永の呪いが解けるまで』が素晴らしい

刀剣乱舞

 

 

スポンサーリンク

 

とある審神者候補の子供と鶴丸が出会い、呪いが解けるまでを描いた物語。

pixiv創剣乱舞小説10000users入り人気二次創作長編小説の感想。

 

あらすじ
100年以上続く戦いのなか、とある本丸では代替わりが行われようとしていた。
次代審神者候補として集められた七人の子どもを前に、本丸の主である初老の男は言う。
「お前たちが一ヶ月過ごす間、その間にこの本丸の主としてふさわしい者を一名だけ選ぶ」
そう言われた本丸には、鶴丸国永だけがいなかった。

 

・ひよっ子さんの『誰にも見えない鶴丸国永の呪いが解けるまで』

#1 誰にも見えない鶴丸国永の呪いが解けるまで | 誰にも見えない鶴丸国永の呪いが解けるまで - ひよっ - pixiv
誰もが縮こまるような寒さと静寂 しんしんと降り積もる六花の結晶の中で ────わたしは雪の妖精に出会った 鬱蒼とした木々と山に囲まれた大きな屋敷。 その大広間とも呼べる場所に、白く簡素な着物を身にまとった7人の子どもが一列に座している。公的な行事を執り行うために使われるその場所は、...

 

感想

深々とした表現から始まり、読むほどに引き込まれます。

創作物とは思えないほどの厚みがあるなぁと思ったり。

鶴丸と幼い子供七のやり取りは微笑ましく、

鶴丸を無視をする刀剣男士や審神者を相手に

いろいろ引っ掻き回すのはとても楽しかったです。

中でも『いきなり始まる笑ってはいけない朝礼』は印象に残るほど。

あの不意打ちはヤバカッタ(笑)

 

話のほとんどシリアスでしたがほのぼのもあり長文ながらも飽きずに読めました。

言い回しや表現が良く続きが気になってしまいどんどん読み進めてしまいました。

 

鶴丸の呪いを解こうとして失敗した先代達、

失敗してもけっして諦めない子供と貞ちゃん。

読むほどにシリアスが加速、涙腺崩壊しますが

素晴らしいのでラストのみならず番外編まで読んでほしい!と思いました。

彼らの出会いから最後まで全てが最高な10000users入り小説です。

 

 

・ひよっ子さんのシリーズ『誰にも見えない鶴丸国永の呪いが解けるまで』

https://www.pixiv.net/novel/series/847073

 

 

とうらぶ小説記事一覧に戻る

とうらぶ関連に戻る

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

コメント