【刀剣乱夢】小説『代理で審神者したら鶴がついてきてしまった』の感想

刀剣乱舞

 

概要:男審神者の代わりを一年務めることになった新人女審神者の話。

pixiv刀剣乱夢小説10000users入り二次創作小説の感想。

 

スポンサーリンク

 

 

・山査子さんの『代理で審神者したら鶴がついてきてしまった』

「代理で審神者したら鶴がついてきてしまった」/「山査子」の小説 [pixiv]
pixiv

 

一年かけて距離が縮まっていく

鶴さにが控えめに言って最高。

 

近侍になった鶴丸の容赦ない指導にめげず

四苦八苦しながら一生懸命に業務をこなす代理審神者は

会社に入ったばかりの頃を思い起こさせて親近感が持てました。

 

敵が本丸に侵入したときは

戦時中であるという雰囲気がよく出て緊張感があり

 

ゲームじゃ味わえない臨場感や

生きている感じが文章に現れていてすごかったです。

 

リアルにありそうな設定や世界観、

キャラの心理描写がすごく

最後まで読み応えがあり楽しいです。

 

一年という長いようで短い時の中で

縮まっていく二人の距離感が素晴らしく感動します。

 

新人が葛藤しながら成長する物語としても読める小説です。

素晴らしい刀×主小説。

 

 

とうらぶ小説記事に戻る

とうらぶ記事☆一覧に戻る

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ゲームブログ 刀剣乱舞へ
にほんブログ村

2017/12/9

コメント