【小説を読もう】『虐げられた救世主の俺は異世界を見捨てて元の世界で気ままに生きることにした』の感想

あらすじ

風間シンジは異世界に召喚されて、女神の頼みで世界を救ったが、世界全体が彼を利用するだけして、虐げていた。
そんな世界のために頑張るのが馬鹿らしくなったシンジ。彼は最低限の義理を果たした後異世界を見捨てて、チートの力をもったまま現実世界に戻ってきた。
シンジがいなくなった後の異世界が自滅していく中、彼は現実世界でチートを使って気ままに生きていく。引用:https://ncode.syosetu.com/n9686ek/

スポンサーリンク

感想

泥舟の異世界で虐げられながらも魔王を倒し元の世界に戻った男主人公。

その際女神からお礼としてなんとスキルポイント999とお金121億を引き継ぐことに!

スキルの量とお金の多さにどれだけ稼いだんだと驚きました。

ゲームみたいな金銭ドロップがハンパないwww

現実世界の山や都会で気ままに害獣駆除をする様は読んでいてスカッとすることが多かったです。

倒した敵:チンピラ、熊、テロリスト、ヤクザ、芸能人、鹿、蜂、TV局、政治家…って多!Σ(゚Д゚)

ポイントを稼ぐために人助けをして成り上がっていく主人公は今後どう巻き込まれて、

或いはどう巻き込んでいくのか続きが気になります。

身近にある小さな悪から大きな悪までスカッと倒し成り上がっていく最強主人公。

長編ファンタジーですが王道物で読みやすく楽しい小説です。

ご都合主義が働いてピンチに見えそうで見えない部分が多々あるけどそこも面白いと思います(笑)

『虐げられた救世主の俺は異世界を見捨てて元の世界で気ままに生きることにした』
作者:三木なずなhttps://ncode.syosetu.com/n9686ek/

ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする