【小説家になろう】異世界で害虫や勇者を駆除!?『駆除人』の感想

清掃と害虫駆除の仕事をしていた駆除業者がRPGっぽい異世界でも同じ仕事をする話。

概要

異世界で”駆除”、承ります。

清掃員兼害虫駆除業者として働いていたコムロ・ナオキは

不慮の事故で死亡し、転生して異世界へやってきた。

“魔物と戦うのは無理だけど…”ということでゆるりと駆除の仕事をしていたら

大量に魔物を駆除したせいなのか身体に異変が…!?

ツナギを着た転生者の異世界漫遊記、ご堪能あれ。

引用:http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_KS04000035010000_68/

スポンサーリンク

感想

レベルもスキルポイントもあるRPGっぽい異世界に来たのに冒険はせずに毒団子、虫よけ、

殺虫剤、バ○サンなどを作って害虫駆除ばかりってどうなんだと思ったけど掃除と虫退治って

生活していれば誰でもやること(?)だろうからか、主人公に違和感がなく読みやすい。

たぶん下手な王道モノの勇者召喚より読みやすい気がする、たぶん。

小説だと主人公視点、漫画版だと周りの人達の表情や雰囲気が分かるのでどちらもおすすめ。

小説・マンガ共に主人公ののんびり感が出ててイイ。

チートっぽくないなぁと思って読んでいたけど戦わなくても経験値が入るので「害虫駆除って

チートだったんだね…。」と思わざるを得なくなった。

『俺TUEEE』や『ガンガン行こうぜ』という勢いはあまりないが駆除がメインなので

これを読むと冒険とか修行の定義が崩れるような…?魔道具を簡単に作るのは規格外すぎ、いやマジで。

フランクな奴隷2人と出会うが主人公は迷惑そうで解放しようとするのも王道とは違っていて

楽しい。奴隷に振り回されてるから要らないんじゃ?とか思ったり(笑)

旅の途中では変わった魔物学者やマ○オみたいな人に出会ったりとおもしろおかしい。

ついには勇者の駆除まで頼まれる始末でどう見ても駆除業者がやる域を超えている。

Lvは高いが戦闘等は逃げ腰な主人公が仕事の知識を活かして駆逐(殲滅)無双。

「俺TUEEE」じゃなくて「殺虫剤TUEEE」!と殺虫剤が火(煙)を吹きまくる!

夏の虫が鬱陶しいこの季節に読むとどこかスッキリする物語!かもしれない。

リンク

『駆除人』作者:花黒子 http://ncode.syosetu.com/n1406cr/

コンプエースコミカライズ:無料マンガ『駆除人』
http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_KS04000035010000_68/

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする