小説家になろう『邪神の異世界召喚~鬼畜魔王はダンジョンにて嗤う』の感想

漫画・小説

 

顔は良いが笑顔が邪悪で性格が悪い男主人公17歳が

異世界のダンジョンで冒険者たちをコケにする物語の感想。

 

スポンサーリンク

 

 

概要

「女神とか神とか異世界召喚しすぎ! もうめちゃくちゃ!」

勇者の活躍によって負のエネルギーが減っていく世界。

次々と魔王達は召喚された勇者達に滅ぼされていく。

「こんなの不公平だ!」

そんな事から邪神も異世界召喚をする事にした。

こうして召喚された黒井幸助は邪神から力をもらったが、

自分の性格を冷静に考えてダンジョンを作る事に決めた。

やってくる冒険者達をあざ嗤い、

負のエネルギーを回収するダンジョン経営物語。

今日も幸助と魔物達の悪辣な罠が冒険者に降り注ぐ。

引用:http://ncode.syosetu.com/n4974dc/

 

 

性格の悪い主人公がダンジョン経営。

冒険者を死なせないよう調整した上で罠にはめ

m9(^Д^)プギャーしまくる内容は大変愉快で笑えます。

 

1時間後に出られる落とし穴や偽の看板、

魔物部屋などトラップ満載で面白いです(笑)

 

罠に引っかかり脱落する冒険者がお笑い芸人に見えたり

残念な女エルフがダンジョンで恥辱な目に遭ったりするのに

同情するよりも爆笑してしまいます。

敗れる冒険者たちの可哀想な姿はなんとも言えませんwww

 

主人公の鬼畜さはどこまで行くのか!?

人を m9(^Д^)プギャー したかったり

リア充爆発しろと思う人におすすめな爆笑小説。

 

 

錬金王さんの『邪神の異世界召喚~鬼畜魔王はダンジョンにて嗤う』

邪神の異世界召喚~鬼畜魔王はダンジョンにて嗤う
「女神とか神とか異世界召喚しすぎ! もうめちゃくちゃ!」 勇// 無料オンライン小説です

 

 

 

小説家になろう記事に戻る

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

2017/7/8

コメント