【刀剣乱舞】静かな狂気が溢れ出るホラー小説の感想

刀剣乱舞

 

承認欲求の塊vs刀剣男士の話と

鍛刀部屋に異変がある本丸を調べた話。

pixiv刀剣乱舞二次創作小説2作品の感想。

 

 

スポンサーリンク

 

 

・りめさんの『誰でもない』

「誰でもない」/「りめ」[pixiv]
パクリはよくないよぉ。なりすましも乗っ取りもねぇ。 あ、他意はありません。そういう話になっただけです。 ※審神者います。名前はリツ。 ※相変わらずうちの近侍の倶利伽羅はよく慣れあって社交的です。 ※石切丸さんはそういうのわかってて理解できてある程度は許せる懐の深い人だと思ってる……。

 

成り代わって居場所を奪おうとする妖怪タソと

乗っ取らせまいとする刀剣男士の

やり取り(雰囲気)が怪しく面白いです。

 

審神者の妖怪に対しての問答が格好良い。

 

誰かになりたい、

認めてもらいたいという

仄暗い人間の欲求が垣間見えます。

 

”自分”が本当に

確固たる”自分”なのか?

 

読み終わった後に

じわじわくる刀剣乱舞小説500users入り作品。

”成り代わる”とはこういうことをいうのか…。

 

 

 

 

・りめさんの『誰もいない』

「誰もいない」/「りめ」[pixiv]
初期刀折れたらどうする? ※審神者が合計三人ほど出てきます。名前付。 ※うちの倶利伽羅はあいかわらずよくしゃべってわりと社交的です。 ※身内には怖いと評判でした。推敲にお付き合いいただきました方々ありがとうございました。 ※史実かどうかわからないネタを仕込みました。目をつぶってください。 ※刀剣男士の...

 

男審神者とよく喋る大倶利伽羅が

とある本丸を調査する話。

 

初期刀が折れた本丸で

静かに広がっていく狂気が恐ろしいです。

 

よくあるホラーとは一味違い

末路が怖く悲しく苦しい感じがします。

 

誰も救われないけど

溢れ出る狂気が素晴らしい

刀剣乱舞小説3000users入り小説。

”刀剣男士”の在り方とは。

難しいけど読み応えがある小説です。

 

 

とうらぶ小説に戻る

とうらぶ記事☆一覧に戻る

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ゲームブログ 刀剣乱舞へ
にほんブログ村

2018/1/6

コメント