【刀剣乱舞】静かな狂気が溢れ出るホラー小説の感想

概要:承認欲求の塊vs刀剣男士の話と、鍛刀部屋に異変がある本丸を調べた話。

pixiv刀剣乱舞小説500users入りと3000users入りした二次創作小説2作品の感想。

スポンサーリンク

りめさんの『誰でもない』
https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=8739119

成り代わって居場所を奪おうとする妖怪タソと

乗っ取らせまいとする刀剣男士のやり取り(雰囲気)が怪しく面白いです。

審神者の妖怪に対しての問答が格好良いと思いました。

誰かになりたい、認めてもらいたいという仄暗い人間の欲求が垣間見え、

”自分”が本当に確固たる”自分”なのか?

読み終わった後にじわじわくる刀剣乱舞小説500users入り作品。

”成り代わる”とはこういうことか…。

りめさんの『誰もいない』

https://www.pixiv.net/novel/show.php?id=5235055

男審神者とよく喋る大倶利伽羅がとある本丸を調査する話。

初期刀が折れた本丸で静かに広がっていく狂気が恐ろしい。

よくあるホラーとは一味違い末路が怖く悲しく苦しい感じがします。

誰も救われないけど溢れ出る狂気が素晴らしいとうらぶホラー作品。

”刀剣男士”の在り方とは。難しいけど読み応えがあって面白い小説です。

とうらぶ二次小説一覧に戻る

とうらぶ記事☆まとめ一覧に戻る

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ゲームブログ 刀剣乱舞へ
にほんブログ村

2018/1/6

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする