【刀剣乱夢】幼女審神者の『生きるために前世を思い出したシリーズ』の感想

刀剣乱舞

 

元ブラック本丸に放り込まれた幼女が

前世20代社畜のとうらぶプレーヤーであったことを思い出し

なんとか生き延びようとする

刀剣乱夢小説10000users入り二次創作小説の感想。

※SAN値 直葬 表現 有り注意。

 

スポンサーリンク

 

 

山葵さんの『生きるために前世を思い出したシリーズ』

「生きるために前世を思い出したシリーズ」/「山葵@2/24春コミ東6ぞ36」のシリーズ [pixiv]
この小説シリーズ「生きるために前世を思い出したシリーズ」は合計17作品公開されています。pixivに登録すると、「山葵@2/24春コミ東6ぞ36」さんの作品に対しいいね!やコメントをつけたり、メッセージを送り交流することができます。

 

ネタバレ感想

全体的にシリアス寄りのシリアル話(笑)

シリーズだけあって読み応え抜群で面白かったです。

 

幼女がスレを立て継母からお金を守ったり

大倶利伽羅と馴れ合ったり

命がけのだるまさんがころんだをしたり

今剣と一期がお兄ちゃんになったり

前田に塩対応されたり

大倶利伽羅と一緒にお風呂に入ったり。

 

ブラック男士がいて危険なはずなのに

緊張感がなく面白楽しく読むのが止まりません。

 

中身成人な幼女が闇のあるロリコン鶴丸と共に

腹黒い政府と駆け引きしつつ今後どう成長していくのか。

一度読むと今後の展開に目が離せなくなってしまう鶴さに作品です。

本編では鶴さに、ifルートではくりさにが読めます。

 

 

シリーズの概要

シリーズ1:vsブラック刀剣。和睦(一時休戦)して幼女が鶴丸に告白する話。

シリーズ2:vs政府。鶴丸と結婚式をあげる話。

シリーズ3:vs暴走する新刃とこんのすけ。政府と駆け引きをする話。

 

 

とうらぶ小説に戻る

とうらぶ記事☆一覧に戻る

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 ゲームブログ 刀剣乱舞へ
にほんブログ村

2017.12.02

コメント