腹筋崩壊漫画『千年狐 ~干宝「捜神記」より~』3話感想

概要

恍惚不可解な表情で宿泊客が息絶えてしまう宿に泊まってしまった豪傑、宋大賢。

夜にやってくる妖物を切り伏せようを剣を持つが―――。

ツッコミ不在!爆笑必須の笑撃漫画『千年狐』の連載版3話の感想。

スポンサーリンク

pixiv『千年狐_3話』:https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=69306624

第3話【宋大賢、狐と会う事】の感想

宿屋の発言で最初からクライマックス。

あと廣天が登場するかと思ったら新キャラでびっくりでした。

登場する狐は怖いかグロイかだろうと構えていたら

可愛すぎて思考が停止→必死になる豪傑に爆笑。

真の姿になった狐と力比べでシリアス突入!

腕が折れピンチ!

なのにモフモフを堪能する豪傑のせいでシリアル突入!

狐を倒した後もふかふかを堪能ってwww

豪傑のキャラ崩壊がすさまじく腹筋崩壊するしかない3話だと思いました。

ラストのまんじゅう屋はちょっと行ってみたいかも?

『千年狐 ~干宝「捜神記」より~』張六郎(著者)

ComicWalker(無料):https://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_MF01200324010000_68/

腹筋崩壊☆記事特集

漫画・アニメ記事一覧に戻る

ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする