【小説家になろう】存在感が薄い冒険家が目立とうとして不審者になっていく小説の感想

漫画・小説

 

『冒険家になろう!~スキルボードでダンジョン攻略~』を読んだ感想。

 

スポンサーリンク

 

 

概要

存在感の薄い冒険家、空星晴輝が

札幌の『ちかほ』に出来たダンジョンから帰宅すると、

家の車庫がダンジョンに変化していた。

ダンジョンの入り口に、石版のようなものを発見。

もしかしてこれは、スキルボードか?

晴輝はスキルボードを用いてダンジョンへ。

ボードを駆使し、いずれランカーになって目立つ存在になる!

――はずが、何故か仮面を被りジャガイモを背負った不審者に?!

果たして彼は『マトモ』な人物としてダンジョンを攻略出来るのか?
引用:https://ncode.syosetu.com/n8618ef/

 

『冒険家になろう!~スキルボードでダンジョン攻略~』作者:萩鵜アキ

冒険家になろう! ~スキルボードでダンジョン攻略~
★ネット小説大賞六・期間中受賞いたしました★     ☆双葉// 無料オンライン小説です

 

感想

現実世界の日本に迷宮が

突如出現したという設定が面白い。

 

目立つかもという理由でマイナーな武器を短剣に

目立つという理由で呪われそうな仮面を装着。

テイムしたジャガイモ型の魔物を背負い戦う姿は不審者そのもの。

なのに目立っているのは本人ではなく仮面のみで笑えました。

 

まぁ暗殺者のような戦いをしたせいで

存在感が消えてしまったのには流石にちょっと同情しましたが。

誰も主人公見てないwwww

 

強くなろうと奮闘すればするほど

空気感が増し存在感が薄れ

身につけた物だけが目立つという悪循環。

本人が気づくのは何時になるのか。

 

そして影が薄い主人公がトップランカーになり

目立つ日は来るのだろうか。(たぶんない)

 

可憐な見た目とは裏腹にお金にがめつい敏腕女店員、夕月朱音。

モンスターパレードで助けた初心者冒険者、黒咲火蓮。

テイムされたジャガイモ型幼女魔物、レア。

 

以上3名による恋愛(?)もあるかもしれない

面白冒険ファンタジー小説。

これじゃない感が楽しい作品です。

 

ps,

3章で2匹目の魔物をテイム。

けどゲジゲジが仲間って一体…。(-_-;)ウワァ

 

 

小説家になろう記事に戻る

ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント