【独り言】ゲームが苦手でもコツコツやった結果・・・。

スポンサーリンク

初めてやったゲームの記憶は、友達の家で皆がゲームをやっていてそれを後ろで見ているだけだったと言うもの。

・・・だけど、なんでかコントローラー渡されてやることになって。

失敗ばかり。

指がうまく動かせない。

操作で腕ごと動いた。

押すボタンを間違えてゲームオーバー。

みんなが笑っていてムッとしてやりたくないと思った。

始めの頃はよくあることだと思うけど、

あれは屈辱だったなぁ。

自分、覚えるのが苦手でゲームの操作も覚えるのも一苦労。

ゲームオーバーなりやすくてよく自滅しても大丈夫な2Pをよくやってた。

んで自爆しまくって補佐ばっかり。

もしくは見てるだけとか。

本当は1Pでゲームして、楽しみたかった。

暗記物はめちゃくちゃ苦手でゲームで、

たかが4つのポーズとそれに伴うボタンを覚える、という作業すらできなかった。

ゲームをしている子達はすらすら操作していて、

なんで覚えれるのか不思議でならなかった。

アクションゲームは無理ゲーで後ろで見てるしかできない。

最近のゲームは進化しすぎて画面酔い多いし操作も複雑でやり辛い。

時間内に押せとか急げとかものっそメンドイ。

やりたくても頭が痛くなってきて、つまらなかった。

スポンサーリンク

今は複雑なゲームをあまりしなくなった。

けど今と昔を比べてみると、

もう間違って腕を動かすことはないしボタン操作で間違うことも少なくなって易しいアクションゲームなら一人でクリアできるようになっていた。

「そんなこと?」って笑われるようなことでも、自分にはけっこう大事。

十分な進歩。

これって他のことにも当てはまるなぁと思った。

みんなに笑われまくったけど、すぐゲームオーバーで嫌だったけど。

めげずにやって。

苦手だろうが嫌だろうが関係ない。

やるかやらないか。

ほんとそれだけなんだなと強く思った。

1日1記事、めっちゃサボりたい。やりたくない!!

けど自分のペースで続ける。

ただそれだけ。

ランキングに参加しています。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする