行動するのが怖かったけど

こんな考えしてたら楽になったのでメモしておく。

行動することが怖くて苦しいって思ったら

『生きてから死ぬまでの人生』というバカでかい規模でその恐怖を考える。

今生きている~80、90まで生きると(線を引いて)

仮定して、問いかけてみる。

「これは(人生の)最終目標なのか?」

人生という長い線から見ると、恐怖なんてそれこそ一瞬(点)で過ぎていく。

さぁ、恐怖は最終目標に見えるのだろうか。

「恐怖なんかが目標なわけないし、何言ってんの?」っていう疑問や考えが持てたら成功。

恐怖は(人生の中の)ただの点だって思えたらいい。

あれだけ悩んでいたことがちっちゃく思えてきてだんだん冷静になってくると思う。

通過点なんかに怯えてらんないってね。

スポンサーリンク

なんかねー、やってることが正しいのか合ってるのか、

嫌だとか恐いとか進みたくないとか、間違ってんじゃないかとかグルグルグルグル。

色んな恐怖と葛藤があったんだけど、

「ん?それってただの通過点じゃないの?通過点に怯えてどうすんだ?

失敗しても(人生から見たら)点だし通過点なんだからどんどん発進(発信)してもよくね?」

って思ったら緊張はするけど不安は少なくなった。なんか怯えてたのがバカバカしくなったっぽい。

人生は通過点の連続だから一々怯える必要はどこにもない。

そう思えればまぁなんとかなる。

っていう、まぁそんな取り留めもない話。以上終わり。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする