異世界行ったら

異世界行ったらハシビロコウ(一次創作小説)

概要
公園に居たら地面が光り異世界へGO。
だがその時にバグで鳥になってしまった。
召喚されるもとばっちりだったためペットとして渋々飼われることに。
この話は召喚に巻き込まれただけのとある一般人の物語。

文章の無断転載・転用はご遠慮ください。
※投稿後も予告無しで加筆・修正することがあるので注意

01、理不尽な召喚 ふざけるな!

02、人権など無い ペットかよ。

03、食べれなかった イヤーオヨメニイケナイー

04、読めなかった バグかチートか

05、お喋り禁止 兄弟

06、飼い主がイケメンだとペットはグレる ノリノリダンス

07、服がはじけ飛ぶ呪い お買い得ぅ!!

08、追いかけられた 我侭姫登場

09、その飼主、取り扱い注意につき いいともー。

10、温かい目で見守られた やめろ傷つく。

11、マッチョだらけの訓練所 律儀に待つのはゲームだけ!

12、スライム召喚(ただしバグ) ( ´_ゝ`) ガンバ

13、臭いに敏感 スネ毛

14、閑話 縮みたくない!

15、見た目と年齢の話になった さすがイケメン

16、ザ・ヨボヨボ ジールといい勝負だな

17、VSドラゴン(前編) めっちゃ楽しみ

18、VSドラゴン(後編) 怖い飼い主だな

19、グレイ視点  それ以外で頼む。

20、王妃とお茶会(前編)  空間

21、王妃とお茶会(後編)  特務師団?

22、立場違えど苦労は同じ?  アンタより年上だから  new

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする